ぴにゃシネマ跡地

映画の感想やネタバレを綴るブログ

【今更初見ダンガンロンパ2】イマサラロンパ2【プロローグ】

 

*この記事は「スーパーダンガンロンパ2」のネタバレ感想予測を多分に含みます

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723080032j:image

 

〜前回までのあらすじ〜

説明書を読んだだけで

全ての犯人と被害者を

完璧に予想してしまった筆者

 

果たしてこの先ゲームを楽しむことが出来るのだろうか?

(答え。めっちゃ楽しむ)

 

〜純粋で曇りのない表情の〜

ゲーム開始。ティロリロリーン♪

(前作のセーブデータ特典としてモノクマメダルを100枚貰えました)

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200722143017j:image

いきなり狛枝くんに心配そうに覗き込まれている日向くん

 

茫然自失の彼はなぜこんな事になったかを思い返し始めます

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723075911j:image

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723080919j:image

希望ヶ峰学園に入学が認められ、ワックワクの様子

 

エリート中のエリートしか入学を認められない希望ヶ峰学園

基本的に「超高校級」と称される現役高校生が学園側からのスカウトされた場合しか入学できません

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723081208j:image

ただ日向くん

「ちょっと他の生徒と事情が違うこと」

入学目的も

希望ヶ峰学園に憧れていたこと」

が示されました

日向くんの超高校級の能力と関係あるのかな?

 

そこに

目眩と共に突如現れた扉

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723083339j:image

いつ学園内に入ったのか?

どのように廊下を歩いたのか?

 

そんな事は一切覚えがないまま

「この教室に入るべき」

という思いのままに足を踏み入れます

前作だと敷地内に入ったら目眩→教室で目覚めるの流れでしたけど今回は一応意識があるまま入るのね

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723083954j:image

教室には15人(+日向)のメンバーが勢揃い

よし、まず皆で「双子の兄弟姉妹がいるかどうか」を話し合おうぜ!

 

全員この部屋を不思議がっていて

「どうやらここは新入生が集められる部屋なんじゃないか」みたいな話になるのですが

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723112349j:image

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723112641j:image

変わり果てた十神

「誰一人この部屋にどうやって入ったか覚えていないのは不可解」

という指摘

十神はこういう時鋭い疑問入れてくれるから話がスムーズで助かりますね

 

狛枝くん

「これが希望ヶ峰の入学試験なのではないか?」

と推理します

 

そこに聞き慣れない声が……

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723115527j:image

一体何者だ!?

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723115548j:image

……一体何者だ!?

 

教壇から飛び出したフェルト地のぬいぐるみ

「ウサミ」

 

前作の悪魔のことを思い出すと怪しさバリバリ最強No1です

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723115912j:image

自らを「この修学旅行の引率の先生」と称するヌイグルミ

修学旅行?教室なのに?

 

ウサミがステッキをひと振りすると

教室から七色の光が……(ーミング教室)

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723125407j:image
f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723125404j:image

教室がパカッと割れて

南国風の島にワープしました

どういうこと!?

元から島にいたのか?

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723131329j:image

ごもっともなツッコミ

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723131451j:image

「希望ヶ峰学園のことは忘れろ」

というウサミ

 

前作の悪魔は「(建前上)保護するため」と言ってましたが今回は「忘れるため」

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723132026j:image

「修学旅行で殺し合いをさせるつもりではないか」と怯える狛枝くん

普通、島に連れられただけじゃ「殺し合いさせられる」とは思わないよね

やっぱ狛枝くんは一度「体験」している?

 

逆に怯えてしまう

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723132437j:image
f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723132440j:image

「学園のことを忘れて島で絆を深めろ」

というのがウサミの言い分

 

希望ヶ峰学園に入学するのを目標にしていた日向くんはそれに納得できず

不可解な現象とヌイグルミに茫然自失となっていたのでした

 

〜16人の超高校級〜

声をかけられて気を取り戻した日向くん

 

既に周りには狛枝くんしかいません

(他のメンバーは島の探索に向かった)

 

砂浜

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723134638j:image

「第一の島」にある砂浜

青い海、椰子の木、監視カメラ、モニター

のなんの変哲もない感じ

 

衝撃を受けて話を聞いていなかった日向くんのために自己紹介してくれる狛枝くん

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723134809j:image

超高校級の幸運 狛枝凪斗

学園が全国から抽選して選ばれたただ一人

「他のメンバーと比べると平凡で恥ずかしい」と自称する

うーむ。毎年「幸運」が選ばれるとしても誠くんに似てるんだよなぁ(特に声が)

 

せっかくの自己紹介タイムですが

日向くんは「記憶が混乱している」と自分の能力を覚えていない様子

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723182636j:image

他メンバーを調べてきた狛枝くんも覚えていない

(あるいは最初からネットには載ってなかった?)

 

そして自己紹介を通して

電子生徒手帳に「希望のカケラ」なるアイテムが手に入りました

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200723135516j:image

皆と仲良くなるごとに手に入る希望のカケラを全て集めるのが修学旅行の目標らしい

 

島を探索がてら皆と挨拶に向かいます

 

ジャバウォック公園

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724072414j:image

「中央の島」にある公園

キメラテックな銅像が飾られている

名前がすでに不穏

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724072630j:image

超高校級の御曹司 十神白夜

血筋もサラブレッドながら

高校生ですでにいくつもの会社経営に関わり莫大な資産を持っているという才覚の持ち主

俺が知ってる頃よりだいぶ体格のスケールが増している

 

性格は僕の知ってる「十神白夜」なんだけどこれは「あの十神白夜」なのかなぁ

狛枝くんは別人でも通るんですけどコイツは体格以外まんまなんですよね

 

狛枝くんとも特に親しい様子は無い感じ

と言っても2人の自己紹介シーンを見れていないので本当に初対面なのかは謎

 

牧場

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724073930j:image

「第一の島」にある牧場

無人島である割には生き物が普通にいますね

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724074904j:image

マジカルステッキの力で

鶏を牛に変えるという大技を見せた

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724075017j:image

超高校級の日本舞踊家 西園寺日寄子

思っていたよりマイペースなちびっ子

あまり積極的にコチラに話かけてこない

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724075244j:image

牧場の蟻を潰し続けていた

病んでいるのかな?

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724075352j:image

超高校級の体操部 終里赤音

肉感的なボディ

先程挨拶したはずの狛枝くんの名前も覚えていない程度には記憶力が無い(覚える気が無い?)

普段から気分屋で気分が乗らない時は体操もさっさと棄権してしまうらしい

 

空港

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724080308j:image

「第一の島」にある空港

ここにある飛行機を使えば脱出できるのではないかと考えるのだが……

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724080430j:image

故障なら直せるけど飛行機の中身が抜かれているのでどうにもならないという

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724080534j:image

超高校級のメカニック 左右田和一

機械のことならお任せ

怖い見た目だが意外とフレンドリー

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724081124j:image

左右田くんは修学旅行肯定派

 

そして空港にいたもう1人

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724081244j:image

なんか思っていたのと違う

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724081342j:image

超高校級の飼育委員 田中眼蛇夢

厨二病

絶滅危惧種の飼育にも成功するくらいには動物飼育のプロフェッショナル

非常に付き合いにくいテンションをしているf:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724081657j:image

田中キングダムという技でハムスターを身体に飼っているのだ。ヘケッ

 

スーパーマーケット

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724082311j:image

「第一の島」にあるスーパー

品揃えがゴイスー

食料などの心配は無さそう

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724082452j:image

超高校級の保健委員 罪木蜜柑

突然話しかけて突然泣き出した。情緒が不安定

友達が出来たのが嬉しいらしい

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724082820j:image

悪い人に利用されないように気をつけて欲しい

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724082910j:image

超高校級の軽音楽部 澪田唯吹

やたらとハイテンション

軽いノリで表情豊か

非常に可愛い

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724083826j:image

可愛いなぁ

筆者はこういうタイプの娘好きです

 

ホテルゾーン

「第一の島」にある宿泊施設

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724085930j:image

皆の個室(個コテージ)

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724090755j:image

ホテル旧館は改築予定なのでまだ入れない

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724090047j:image

超高校級のマネージャー 弐大猫丸

身体もデカイが声もデカイ

どうして眉毛から電波出してるの?体質?

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724090258j:image

超高校級の極道 九頭龍冬彦

女だと予想していたが完全に声音が男

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724090410j:image

馴れ合う気はないらしい

けど普通に学園に入学には来たんだよね

やっぱ希望ヶ峰ブランドの力?

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724090546j:image

超高校級の写真家 小泉真昼

しっかり者

クラスのふざけている男子を叱ってくれるタイプ

日向狛枝はまともそうで安心した」との事で個性的なメンツに頭を抱えていたっぽい

 

小泉ちゃんとの会話で

希望のカケラを全て集め切れば修学旅行は終わる」

ということが判明しました

(今まで自己紹介するたびに一つずつ溜まってた)

 

となると希望のカケラ集めが当面の目的かな

 

ホテル ミライ

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724091501j:image

ホテルゾーンにあるホテル(外観)

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724091600j:image

内装

ホテルというより談話室みたいな感じ

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724092203j:image

超高校級の剣道家 辺古山ペコ

凛々しい声(好き)

異常事態ではあるがそこまで取り乱している様子は無い

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724092454j:image

男女が集まっての生活になりそうなので不埒な真似はやめておけと釘をさされました(チッ)

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724092725j:image

超高校級のゲーマー 七海千秋

この状況でゲームに熱中していた

頭の中で会話をまとめてからでないと話せないタイプで会話がワンテンポずれがち

ゲームならオールジャンルいけるらしい

一緒にクソゲーをやりたい

 

レストラン

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724094758j:image

ホテルミライに隣接しているレストラン

開放的な雰囲気

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724094924j:image

超高校級の料理人 花村輝々

ソニアにいかがわしい事を試みていた

おい、俺も混ぜろよ

想像より直球で下に走っている福山ボイス

このレストランも割ととお気に入りらしい

人を殺しそうな見た目をしている

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724095204j:image

意外とカッコつけたがり

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724095810j:image

辺古山は「黒いティーバック」だと予想する花村

僕は「飾り気の少ない白」だと思います

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724095322j:image

超高校級の王女 ソニア・ネヴァーマインド

あやうく初登場で薄いブックス案件になるところだった

気品ある佇まいから只者ではないオーラが満ち溢れている

祖国には同年代の友人がいなかったので修学旅行を楽しんでいる

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724101029j:image

全員と会話をしたことで「最初の希望のカケラが集まった」とアナウンス

 

「記念に全員にプレゼントがある」

との事で砂浜に全員が集められました

 

〜だんがん・アイランドでどきどき修学旅行〜

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724102552j:image

全員集合

恐らくこの後全員が集まることはほぼ無いと思うので結構貴重な絵

 

ウサミが来る前に全員で島を探索した情報交換

 

・スーパーやホテルがあるので衣食住はとりあえず問題なさそうな事

・空港はあるが飛行機は動かせない事

「中央の島」から今いる「第一の島」以外にも行けるようだが今は閉ざされている事

などが分かりました

 

さらに

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724103418j:image

十神

5つの島からなる「ジャバウォック島」の存在を思い出し

ここは恐らくジャバウォック島であることが判明f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724103415j:image

だがジャバウォック島はすでに…」という不穏な発言も

本来は沈んだ島なのかな?

 

「確信が持てない」ということでその先は教えてもらえませんでした

 

砂浜にやってきたウサミ

果たしてプレゼントとは……?

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724105442j:image

お腹を押すと喋るストラップ

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724105550j:image

捨てられた

カワイソス

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724105643j:image

泣いちゃうウサミ(可愛い)

ストラップ以外にもプレゼントがあるらしい

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724105818j:image

動機!?

嫌な予感が止まらないが……f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724105812j:image

と思いきやプレゼントは

スクール水着

ほう……いい趣味してやがる……

 

「そんなことやってる場合か!」

と怒る日向くんでしたが

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724110302j:image

周りは結構乗り気

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724110506j:image

半数以上のメンバーは海水浴しました

いきなりの水着CGに感謝

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724163314j:image

どうやらウサミは本当にコチラに危害を加える気がないっぽい

 

「自分は考えすぎているだけなのではないか」

とついに日向くんも海に向かいますが……

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724163648j:image

突然の天気悪化f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724163644j:image

「こんな事はあり得ない」らしい

 

 

 

そしてモニターに

 

 

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724163752j:image

孤独なsilhouetteが……

一体何者なんだ……

 

〜夕火の刻、粘滑なるトーヴ、遥場にありて回儀い錐穿つ〜

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724165503j:image

声の主に心当たりがあるウサミは一足先に公園へ

皆もジャバウォック公園へ向かうとそこには

 

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724165654j:image

「学園長」を名乗る

謎のヌイグルミ モノクマがいました

久しぶりだな

二度と会いたくなかったぜ

 

というか今回はウサミモノクマポジションかと思ってたけどモノクマも出るんですね

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724165834j:image

十神はモノクマと初対面?

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724165953j:image

モノクマを倒そうと限界バトルを叩きつけるウサミ

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724165947j:image

しかし

マジカルステッキが折られ

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724170405j:image

二色に改造され

「モノミ」という妹分にされてしまう

 

この島での権限を握ったモノクマ

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200724172248j:image

「コロシアイ修学旅行」の開始を宣言

 

・島から脱出したければメンバーの誰かを殺す事

・殺人が起きた後に行われる学級裁判をバレずにやり過ごす事

・バレなかったら犯人(=クロ)は脱出。後のメンバーは全滅

・バレてしまったらクロはオシオキ。残ったメンバーは修学旅行続行

 

というルールを告げました(概ね前作と同じですね)

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200725014925j:image

当然コロシアイなどしたくないメンバーはモノクマを止めようとするのですが……

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200725015838j:image
f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200725015841j:image

公園中央にあった銅像

明らかな戦闘用機械に変形し手出しが出来なくなってしまいました

まさかここまで直接的に武装してくるとは思わなかったよ

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200725020041j:image

皆を守ろうとするモノミ(ウサミ)

 

しかし「その正義感に吐き気がする」モノクマ

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200725020214j:image
f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200725020217j:image

モノミを粉微塵に撃ち壊してしまいました

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200725020409j:image
f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200725020405j:image

武装が本物と分かりパニックに陥るメンバー

唯吹ちゃんの顔芸キャラ化が激しい

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200725020739j:image

「僕は本気だから」ということをメンバーに示し、モノクマは姿を消す

 

その気になればモノケモノによってメンバーが一瞬で全滅させられてしまうこの状況

さらに引率者であったモノミは消滅

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200725021026j:image

悲壮な空気が漂う

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200725021132j:image

しかしウサミモノクマも明らかに「誰か」に操作されているロボット

恐らくこの島に潜む「誰か」を探し当てれば助かるかもしれない

 

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200725021531j:image

当面気をつけるべきは

モノケモノでも操縦者でもなく

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200725021636j:image
f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200725021632j:image

この

いつ殺されてもおかしくない空間に耐えきれなくなってしまうかもしれないメンバー達

 

そして

もしかしたらやってしまうかもと心のどこかで認めている自分

 

なのだとメンバー全員は気付き、修学旅行は始まったのでした

 

 

残ったメンバーは

あと16人

 

(続く)

 

〜プロローグを終えての考察と疑問〜

こっからはストーリー関係ないパート

 

日向くんの能力

日向くんは「希望ヶ峰学園に入ることが夢だった」と語られています

 

つまり他メンバーのように

「自分が好きだった、得意だった事柄をやっていたら活躍して超高校級と称されるようになった」

わけではなく

希望ヶ峰学園に入るために何かしらの分野を選択して活動して超高校級になった」

のではないでしょうか?

 

となると

「サッカー選手」「野球選手」のような競争率の高いメジャーなもの、「美術家」「音楽家といった才能や家庭環境で左右される能力を選ばなかったんじゃないかな

 

もっとマイナーで競争率の低いもの、あるいはそれ自体に才能などを必要としない能力

もしくは「超高校級の殺人鬼」みたいな選択する事自体が異常とも言える分野をチョイスしたかもしれません

 

まぁ日向くん自身が「ちょっと事情が違う」と語っていたので彼も「幸運」みたいなタイプなのかもね

 

〜ウサミとは〜

今回活躍していきなり粉微塵になってしまったウサミ

 

彼女(?)一体誰が操作していたのか?

 

モノクマの操縦者と同一人物の可能性もあるんですが、そんな事するメリットがあるかというと思い浮かばないんですよね

(まぁ前作の超高校級の絶望を見るとメンバーを「絶望」させるために同一人物がやった可能性もある)

 

メンバーを希望ヶ峰学園から保護するかのように振る舞っていたウサミ

コロシアイ修学旅行を企んでいるモノクマ

の操縦者は別?

 

今回は黒幕ポジションが2人いるのかな

となると何故ウサミの操縦者は姿を現さないのか?

も気になるところですね

 

〜狛枝くん〜

僕の推理では苗木くんと同一人物である狛枝くん

 

超高校級の幸運やCVなど「匂わせる」要素も多いのですが

狛枝くんは身長180cmの長身

苗木くんは高校入学から2年経ってからも「チビ」と呼ばれる体格でした

 

髪とか服装とかは何とかなると思うんだけど20cm近く身長を誤魔化すのは現実的じゃないと思うんだよなぁ

 

かと言って「完全に別人」と言われると怪しすぎる……

謎多き男です

 

うおー

プロローグだけでめっちゃ盛り上がってきた!

楽しみやー!

 

次回も頑張ります!

 

(第一の事件に続く)