ぴにゃシネマ跡地

映画やゲームの感想やネタバレを綴るブログ

【今更初見ニューダンガンロンパV3】イマサラロンパV3【第四の事件・日常】

*「ニューダンガンロンパⅤ3」の初見プレイ感想記事です。ダンガンロンパシリーズのネタバレを多分に含みます

 

~前回までのあらすじ~

研究教室で起きた夜長アンジーの蝋人形事件と、捜査中に起きた茶柱転子の降霊術事件

 

裁判の中、その2つの事件のクロ超高校級の民俗学者真宮寺是清だと突き止める

 

彼の猟奇的とも言える犯行の動機は「死んだ姉のため」

死者のために仲間を二人も手に掛ける真宮寺の思惑は信じられるものではないが「これが自分なりの死者への向き合い方」と語る彼に何も告げる事は出来なかった

 

オシオキが終わり、生きることを託されたメンバーは涙を流す

だがそれは辛さ悲しさだけではない、前に進むための決意のようなものであった

 

しかしその中で「俺には死んでいる暇なんてない」と百田は一人血を吐いていた

 

残るメンバーは あと9人

 

~才囚学園before・あるいは誰かへのメッセージ~

「数日前」と前置かれて流れたメッセージ

そこには天海蘭太郎誰かに宛てた映像が映っていた

最原君に宛てたものなのかな?別のメンバーか?

そこには

・このメッセージが流れた理由

・コロシアイは「最後の二人」になるまで続く事

蘭太郎がコロシアイに参加した理由

・「キミ」の正体を知った者は狙ってくるだろう事

が語られていたが、詳しい部分は分からず

最後に「これはキミの望んだコロシアイだから絶対に勝たないといけない」と告げられてメッセージは終わった

意味深な部分だけ切り抜きおって

 

4章 気だるき異世界を 生かせ生きるだけ

始まるよ!

 

~新しきエリアを~

前回の事件の翌朝

いつも通り食堂に向かうが、3人もメンバーを失い重い空気に包まれている……

 

と思いきやあの秘密子ちゃんがやたら元気

どうやら茶柱アンジーちゃんの死を無駄にしないため前向きに生きる事を決心したらしい

ええ娘や……(ホロリ)

ここで一人遅れていたゴン太が登場

今回も中庭の石に文字が追加されていたのを見つけてきた

石に書かれた文字は「このせかいは うま    もの」と読める

いつだったか予想した「このせかいはもうまちがえたもの」説あるか?

これだけでは文章の意味が分からない

だがメンバーのイタズラとも思えず、第三者によって勝手に書かれているなら何か大事な意味はあるはず

けど第三者が書くにしてももっと目立つ場所に書かないか?

なんで中庭の石なんかに書くんだ?

 

そして恒例のご褒美タイム

今回のアイテムは飛行石弘法の筆……

今回の動機である「カードキー」を貰った

もう動機配るの!?

流石に誰も動機を手にする気にはならなかったが、王馬が「だったらオレが貰う」とカードキーを奪って逃げだしてしまった

ご褒美と一緒に貰うって事はカードキーで行ける場所が動機に繋がるのかな?

地下の図書室の隠し扉か?

王馬の捜索は他のメンバーに任せ、最原君は他のアイテムで新たなエリアを探索することに

 

新たなエリアを開く

 

キーボの研究教室

庭の台座に飛行石を嵌めたら空から降ってきた

テクノロジーどうなってんだ

中は近未来的。まさにロボット用の部屋って感じですね

何故か付いてきた美兎ちゃんの方がテンション上がってる

キーボの機能を強化してやってくれ

多分予想だとキーボは変形裁判場と合体すると思うんだよなグレンラガンなら)

キーボ「メカメカしいのは嫌い」とここを自分の教室と認めていない

本人の希望は「和風。縁側があるといい」らしい

お前がそれ言っちゃうの!?!?

 

5階

掛け軸に筆で書き込むことで現れた階層

天使と悪魔のモノクマ像が飾られ、教会をイメージしている?

 

白銀つむぎの研究教室

超高校級のコスプレイヤーの研究教室

教室というよりイベント会場みたいな広さ

自動的に切り替わる背景セットやミシンなどの工具が置かれた作業場などもある

キーボの教室とはえらい違いだ

かなりしっかりした設備のようだが、つむぎちゃんは「1人だと持て余しちゃう」とあまり嬉しくなさそう

 

バーのセット

教室右側にある切り替わらないバーのセット

本物の飲み物が用意されているとの事で、つむぎちゃんにカクテルを作ってもらう事に

 

スポンサーが付く前は色々バイトしてた経験があるらしく、こういったドリンクも作れるらしいが……

その……スゴイ……妖しい感じが……

キミ本当に本当に高校生がやっていいバイトやってたんだよね!?

 

最原終一の研究教室

同じく5階にあった研究教室。ホームズの部屋とかそんな雰囲気

魔姫ちゃんには「最原にはここに似合う貫禄が足りてない」と言われてしまった

 

薬品棚

様々な毒薬が並んだ棚

薬品棚には嫌な思い出が……

即死する薬だけでなく、様々な症状を引き起こす薬が揃っている

使いかた次第で色々な事件が起こせそう

 

ファイルの棚

事件の「トリック」が記されたファイルが詰め込まれた棚

これから事件を起こそうとする者には参考になりそうだ

新しいファイルは写真付きで説明されているが、古いファイルは写真ではなくイラストで説明が書かれている

これらは実際に起きた事件のファイルなのだろうか?だとしたら何故才囚学園にそんなものが?

何かストーリーで使うのかな?

 

 

新しいエリアをあらかた調べ終え、百田思い出しライトを見つけたと登場

今回も記憶を取り戻していきましょう

 

~底見えぬ記憶を~

毎度恒例の食堂へ集合

だがまだ王馬は見つからず

もしかしたらカードキーを使って知らない場所へ行ってしまったのかもしれない

そこにタイミング良く現れた王馬

カードキーを使う場所が分からなくて使えなかった」との事だが、本当かは分からない

メンバーも揃ったところで思い出しライトを浴びる

今回思い出した記憶とは……

 

前章冒頭で語られていた隕石落下の映像

隕石を思い出したメンバーはパニック状態

「この規模の隕石群が衝突すると地球上の生物は全滅」というほどの大災害だったらしいが、騒動は治まったのか?才囚学園は何故無事なのか?

この大災害に対し「人類は地獄に落ちるべし」と書かれたビラを配る怪しげな集団も現れていたらしい

この集団が超高校級狩り?

 

やっぱこの展開はグレンラガンなんじゃないか?

地表だと危ないから人類は地下に逃げたんじゃない?

「地獄に落ちるべし」ってのは「地下で生活しよう」って意味なんじゃないかな

そして隕石から人類を守るため「ゴフェル計画」というプロジェクトが世界規模で進んでいたらしいが、詳しい内容は思い出せず

しかも王馬の記憶では「そもそもゴフェル計画は失敗した気がする」と言う

魔姫ちゃんも「そう聞いた」と言っているので本当に失敗した?

隕石の落下、怪しげな集団、ゴフェル計画そして今まで思い出した超高校級狩りなどがどう繋がるか未だに分からず

「もう一つ事実が分かれば全てが繋がる」と意味深な王馬

もしかしたらこの不可思議な学園の出来事は隕石から未知の物質が運ばれたことで起きてしまったのだろうか?

 

謎は深まっていく一方で、ゴン太が「一応地下道の道を戻しておいた」と報告して今回のライト浴びは終わった

ゼツボウロードに再挑戦出来るようになったのでやってみましたが無理でした

難しすぎるよアレ

 

~自由時間~

白銀つむぎ(5)

今回の自由時間

つむぎちゃんにコスプレを始めるきっかけを聞いてみることに

小さい頃からカッコイイ服カワイイ服が好きだったつむぎちゃん

アニメキャラの服を再現した自作衣装をネットに上げて、反応を貰えたのがきっかけ

 

有名なコスプレイヤーの方にイベントに誘ってもらい、すっかりハマってしまったのだそう

「また一緒にイベントに行きたい」と語るつむぎちゃんなのだった

 

~友と語る夜を~

夜時間

何だか久しぶりにトレーニングのため中庭へ

寮内では思いつめた表情のゴン太が何かを決心した様子

「何を決めたのかは明日皆に話すね」と別れた

 

今夜のトレーニングは腹筋100回

頑張る最原君サクサクこなす魔姫ちゃんだったが、百田は星を見上げ動かず

結局1回も腹筋をせずに「便所だ」と校舎へ行ってしまった

腹筋が出来ないほど体調が悪いのか?

 

魔姫ちゃんと2人きりになった最原君

丁度よい機会だから聞いておくと「赤松楓の事が好きだったのか?」と尋ねられた

絶っっっっっ対好きだったよ……

答えられない最原君

「こんな状況で人を好きになるなんておかしいよね」とどこか自分に言い聞かせているような魔姫ちゃん

戦いばかりで恋を知らない少女が自分の中に生まれた感情に戸惑うパターンのヤツ!!!(大興奮)

「だったらどんな時人を好きになれば変じゃないのか」「そんな事私には分からない」甘酸っぱい会話を交わす2人でしたが、百田が帰ってきたことでトレーニングが再開となり、うやむやになるのでした

 

~それぞれの思惑を~

翌朝

食堂に向かうとゴン太「これ以上仲間が減るのは耐えられない。モノクマと戦う」と力説

昨晩決めた事ってのはコレか

モノクマーズも減ってきているとはいえエグイサルはまだ2体もいる

自殺行為だから止めたほうがいいと制止するが「みんなを救えるならゴン太はどうなってもいいんだ」と暴走気味

未来を諦めるのはこの作品だと危険なんや……

グレンラガンならガンメンを奪う展開もありそうだけど、エグイサルはモノクマーズしか乗れないって言われちゃってるんだよね

それを聞いた王馬「そんな事をしてもコロシアイは絶対に終わらない」とまたしても何かを知っているような口ぶり

王馬が黒幕なのかな?

更に命を張ってまでコロシアイを止めようとするゴン太に対して「俺はこのゲームに絶対勝ってみせる」「なんだったら次の殺人は俺が起こしてもいい」など今までにない過激な挑発をしてくる

百田の拳が炸裂

今までもウソを吐き続けてきた王馬だが、今回は少し様子がおかしい

動機のカードキーで何か見ちゃったのかな?

先走るゴン太、不穏な発言の王馬など心配な要素は重なる中、珍しく真面目な顔の美兎ちゃん「もう少しでオメーらをコロシアイの無い世界に連れていってやる」という妙な発言で朝食は終わった

調べてたコンピューターでタイトル通りに異世界に行けるのか?

 

~特殊イベント・道着の帯~

時は戻って朝

「皆のためにも前向きに生きていきたい」と語る秘密子ちゃんを発見

だが「今まで適当に生きてきたせいでどうしたらいいか分からない」と悩む秘密子ちゃん道着の帯を見せ「とりあえず身体を動かすことから始めたらどうか」とアドバイス

せっかくなので最原君もそれに付き合う事に

道場で話を聞きつけたゴン太とも合流し、皆で運動(?)

思っていた運動とは何か違うが、ちゃんと秘密子ちゃんは前向きに生きるため頑張っているようだ

 

~自由時間~

夢野秘密子(2)

魔法使いになった理由を聞いてみる

昔、師匠のマジカルショーを見た秘密子ちゃんはいたく感動し弟子入り(師匠も世界的なマジシャンらしい)

様々な技術を教えてもらい腕を上げ、助手として世界を飛び回っていたのだとか

師匠の事を尊敬している秘密子ちゃんに「お師匠さまもきっと心配しているね」と告げるが「そうかもしれないな」と顔を曇らせるのでした

 

白銀つむぎ(6)

何回も話を聞いていくうちに「最原君もコスプレしたいの?」とついに尋ねられた

まぁこんだけコスプレ話聞いてたら興味あると思うよね

つむぎちゃんの初コスプレ作品と最原君が好きだった作品が同じだと判明し「私が衣装作るから一緒にコスプレしよう」と提案される

彼女の楽しそうな話に多少なり興味を持っていた最原君は「外に出たら一緒にやろう」と約束し、また外に出る理由が一つ増えたのでした

彼女との絆を深めることで、またつむぎちゃんに「新しい世界」を教えてもらえる予感を感じる

 

つむぎちゃんの希望のカケラを集めスキル「二次元愛」を貰いました

ゴメンなつむぎちゃん……黒幕だとか言っちゃって……(普通に良い娘な気がしてきた)

 

 

そして今作もパンツを貰いました

だから何で毎回パンツくれるん!?!?

全く……(大切にしまいながら)

 

~各々の選択を~

夜時間

レーニングに集まるが「たまには3人で話そう」と百田が誘い中庭で皆で話すことに

そしてまた体調が悪そう。大丈夫か百田

話題は魔姫ちゃん

「なぜ超高校級の保育士を名乗っていたのか」について

両親の事を何も知らず、物心ついたころには孤児院で育てられていた魔姫ちゃん

気が付けば周りの子よりも年上で、自然と皆の面倒を見るようになっていたらしい

 

魔姫ちゃんってヨーコなんだね

「スナイパーで先生」のヨーコを「暗殺者で保育士」に置き換えてるんだと思う

未来で魔姫ちゃんは保育士になるのかな?

だがある日、孤児院の様子を見ていたおじさんにスカウトされ暗殺者の道へ

「孤児院にお金が入る」と聞かされていた魔姫ちゃんに拒否権は無く、毎日泣きながら訓練を繰り返し暗殺者として活動していた

孤児院への寄付を打ち切らせるわけにもいかず、暗殺を繰り返すうちに何も感じなくなってしまっていた魔姫ちゃん

暗殺者として生きていくことを受け入れてしまったが「今でもあのまま孤児院にいたらどうなっていたか」をつい考えてしまうという

予想以上にヘビーな過去を持っていたことを聞いてしまった

百田「なんでも1人で抱え込まずに他人を信用しろ」「自分の背負ったものを他人に預けられるようになれ」と2人に対してメッセージを送った

結局この晩はトレーニングをせず、3人でずっと話をした

久しぶりコロシアイの関係ない時間を過ごし、皆を守るために学園生活を頑張ろうと気持ちを新たにするのでした

青春や

 

 

しかしその一方で、王馬モノクマを呼び出し会話中

内容は「コロシアイをもっと盛り上げる提案がある」という非常に物騒なテーマ

やはり王馬動機を見つけていたらしく、それをドラマチックに使うには「ある人が考えている事と絡めたい」という提案のようだが……

面白い事を考えてるヤツ……ゴン太か美兎ちゃんか?

顔怖っっっ!!!?

 

~嵐の前の静けさを~

翌朝、食堂に行くが王馬美兎ちゃんの姿が無い

王馬はいつも通りフラフラ、美兎ちゃんは4階のコンピューターを弄っている?

そんな中ゴン太は「どうすれば皆の役に立てるのか」とまだ悩んでいた

頭を使うのが苦手なのがコンプレックスになってるとこありますね

ここでは正直に生きているだけでエライんだよゴン太

人数も少なくなってきてもう一度全員で生き残るにはどうすべきか考える時なのかもしれない

というか常に考えるべきなんだけどね

情報少ないから仕方ないんだけどさ

 

~自由時間~

入間美兎(5)

前回「自分は改造人間なんだ」とか言い出した美兎ちゃん

今日はちょっとテンションが低めというかしおらしい

なんと最原君が「入間さんの事が心配だから」と言ったのを愛の告白と勘違いしており、最原君に恋してしまったんだとか

チョロすぎるぞこの女

しかし「そういう意味ではないよ」とフラれてしまい、恥ずかしがってどこかへ行ってしまうのだった

 

夢野秘密子(3)

秘密子ちゃんの師匠の話の続き

師匠の助手として世界中でショーをしていた秘密子ちゃん

師匠を誰より尊敬しているが、徐々に観客の声援が自分に向けられていくことに気付いていた

そしてショーの依頼も師匠より自分に向けてのものが増えてしまったらしい

超高校級のマジシャンと呼ばれるほどの才能で、皮肉にも誰よりも尊敬する師匠の立場を奪ってしまった秘密子ちゃん

彼女は「師匠を超える魔法使いなどいない」と信じていたが、周りの声援や手紙に影響で師匠の力は衰えていってしまい……と語ったところで話を切ってしまった

才能あるが故に悲しいこともあるんやね

 

~この怪しき異世界を~

夜時間

突然訪ねてきた美兎ちゃん「この閉鎖空間から脱出できる」と4階のコンピュータールームに召集をかけてきた

全員でコンピュータールームへ集合

以前と違い、机とソファが並べられている

「大事な発表をする」と大興奮の美兎ちゃんだが「話を聞いてほしかったらそっちが土下座をしろ」と王馬ドMの本性を刺激され……

なんなんだよこの茶番は

 

バスケがしたかった美兎ちゃんの脱出方法とは異世界に行くこと

実は巨大コンピューターの中には仮想現実とも呼べる空間があり、コンピューター内に皆を意識を移すことで平和に暮らせるという案だった

どっかで聞いたような話だなぁ(トラウマ)

しかしこの電子空間はモノクマが「あるプログラム」を基に作った「コロシアイシミュレーター」というとんでもなく怪しいシロモノ

多分新世界プログラムが基なんだよね

やっぱ前作から世界線繋がってるのか?誠君たちはどうなったんだ?

 

だが美兎ちゃんが不眠不休でプログラムを書き換え、電子空間内に危険な物は一切なくなったらしい

「お前らも絶対気に入るはずだ」と珍しく美兎ちゃんが強く推してくる

王馬も「入間ちゃんを信じてあげよう」と妙な乗り気の良さを見せる

今まで逃げ回っていたのにここに素直に集まっているなど怪しい感じ

モノクマの会話を考えるとコレを利用して何かやろうとしてるのか?

更にモノクマ「プログラム世界には外の世界の秘密が隠されている」と語り出し、皆で行かざるを得ない雰囲気

だが王馬に乗せられて話をした雰囲気もある、もしかしてウソ?

キーボの内なる声も「行くべきだ」と言っているらしい

内なる声は何者?博士のネットナビ?

 

皆でソファに座って準備

頭に被る装置のコードを慎重に付ける(付け間違いは廃人になったり意識が入れ替わる可能性があるらしい)

コードを取り付け、スイッチを入れて異世界

やっぱり新世界プログラムじゃないか!!

目を開けるとそこは……

 

 

 

俺が思ってた異世界と違う

 

~この素晴らしき異世界を~

何はともあれプログラム世界

各自にそっくりなアバターが用意され、自分の意思で自由に動かせるようだ

百田は肉体の影響がアバターに起きない事に安心していた)

王馬キーボを殴ってみると痛みを感じる

そもそもキーボって「痛い」の?

この世界ではアバターが得た五感情報は脳内に伝わるようになっているんだとか

痛いって思えば痛いし、熱いって思えば熱いのね

更に美兎ちゃんからこの世界では物が壊れない(物が壊れるという概念が無い)

アバターの身体能力は個体差が出ない

ログアウトはサロンにある電話機に名前を言う事で行われる

という事が教えられた

(電話機は固定されており、ログインも必ずサロンから始まる)

メチャクチャ事件の匂いがする

でもこの中危険な物は無いんでしょ?

 

部屋を出て、玄関に飾られたプログラム世界の地図を確認

つむぎちゃんの性感帯は首筋( ..)φメモメモ

 

館の地図

今いる。屋上がある

ログインログアウトには必ずサロンを通らなければならない

 

世界の地図

世界地図というにはあまりに簡単な地図

教会のような建物意味深な省略記号が描かれている

世界地図の一番外側に描かれている黒い枠は「壁」

この世界も壁に囲まれている閉鎖的空間だった

(壁の部分までしかプログラムされていないらしく、本物の世界の終わりの位置)

才囚学園と状況が変わってない!!

王馬「この地図はモノクマじゃなくて入間ちゃんが用意したものなんだよね?」と確認を取ると美兎ちゃんはオドオドと「そうだ」と肯定した

となると美兎ちゃんが分からない部分とか、あえて書いてない部分とかがある可能性はあるのか。ちょっと美兎ちゃんの様子もおかしいしね

 

地図を確認した王馬は一人で勝手に探索に向かおうとしてしまう

 

「見張りとか付けられたら困る」と言うのでゴン太が付いていくことに

しかし王馬はコレを狙っているような口ぶりだったので、ゴン太の力を使って何かしようとしている?

でもこの世界って皆同じパワーなんでしょ?単に人手が欲しかったのか?

 

とりあえず王馬ゴン太は放っておき、皆で屋上

外は雪が降っており、結構な量が積もっている

アバターの身体であるが、きちんと寒さは感じるほど

だが雪に足跡は残らない仕様らしい

事件に使いそうな情報だ

屋上にある物置も探索

しかし棚が一つあるだけで、中身もスノコ、空箱、丸めたカーペットのみ

危険な物は美兎ちゃんが消したというのは本当っぽい

 

設置された望遠鏡で周囲を確認

館からの道を辿っていくと川と橋が見つかったが、橋が壊れていて渡れない

そして地図の省略記号の辺りまで行くとそれ以上先が見えなくなってしまう

どういう事かは現地で説明するという美兎ちゃんに付いて川まで移動

 

「泳いで渡るのか?」との意見が出たがそもそも川には入れない仕様になっているらしい

川下に流れていた館の看板を拾って橋代わりに

物が壊れない世界なのでこれで川が渡れるようになった

「看板は一つしかないから絶対に流すなよ」と強烈なフリを受けてしまった

でもこれ無くしたら本当にマズくないか?サロン行かないと現実に帰れないんでしょ?

橋を作ったところで王馬ゴン太も集合(川が渡れなくて困っていたらしい)

「館周辺の森を探していたが何も見つからなかった」と王馬は語るがゴン太は渋い表情

何か見つけたけど隠している?

 

川を渡り、省略記号の辺りを通ると不思議な感覚

この世界は大きく2つのマップに分かれており、ここはその切り代わり地点

ここを通ると隣のマップへの「ローディング」が始まってしまう

2つのマップは分かれており、片方のマップからもう片方のマップは見えず音も聞こえない

何はともかく新たなるマップの教会へ入る事になった

 

~この残酷な現実を~

教会内部

色々な物で溢れかえりゴチャゴチャ

「外の世界の秘密」がどんな物かも分からないが、手分けして探すしかない

「手分けして探す前に聞きたいことがある」と王馬美兎ちゃんがナイショ話。内容は分からなかった

この2人今回怪しいんだよね

「誰がどこを調べるかはオレ様が決める」という美兎ちゃんの指示で百田は屋上を、王馬はサロン

「後は適当に3人くらい館を調べろ」というので最原君つむぎちゃんゴン太が館を調べる事になりました

つまり王馬と百田の位置だけ決めたかったのね。何のため?

それ以外のメンバーのキーボ秘密子ちゃん魔姫ちゃん美兎ちゃんは教会を調べる組

魔姫ちゃん百田と一緒の組になれなくて膨れていた。可愛いね

 

しかしここで問題発生

館組が川を渡ったところ……

後ろからやってきた美兎ちゃんが看板を川に流して逃げてしまった

何やってんだ入間ぁ!?

美兎ちゃんの目的は不明だがコチラ側では何も出来る事はない

とりあえず館へ向かいましょう

館へ到着

指示通り百田は屋上、王馬はサロン

ゴン太は外に出て館周辺を、最原君は厨房、つむぎちゃんは食堂を調べることになりました

 

が、結構な時間調べるも最原君は成果無し

隣で調べてたつむぎちゃんも怪しい物は見つけられなかった

「10分ほど前に館の外に入間さんが居たのを見た気がする」という

川渡れないのにこっち側にいるの?

そして突然の衝突音

(何かが激しくぶつかったような音がした)

「何事か」と玄関に出てみるが何も異変は起きていない

だが何故かこちら側にいないはずのキーボの声が聞こえた

外に出てみるとゴン太と遭遇

だが「大きな音は聞いたがその原因でありそうな物やキーボは見ていない」らしい

不可解な現象が続くが、こういったことに食いつきそうな百田が姿を見せない

って事は屋上で何か起きてる?……あっ(察し)

 

教会側に様子を見に行こうとすると川向うにキーボ魔姫ちゃん秘密子ちゃんが集まっている

「まだ間に合うかもしれない」と何やら焦っている

騒ぎを聞きつけた王馬も合流し、館の前まで流された看板を拾いに行く

川の流れと逆の位置なんだよねココ

もしかして「物体」はマップの端から端にワープ出来る?(キーボも「物体」カウントされてる?)

再び川に看板を掛け、橋が完成

焦るキーボ

美兎ちゃんアバターが突然動かなくなってしまった」という事でログアウトして現実に様子を見に行くところであった

え。そっち?

館に戻り、魔姫ちゃんが屋上に様子を見に行くも百田が不在

こっちも怪しいのぅ

 

百田も気になるが、まずは皆で順番にログアウト

どうやらログアウトするとプログラム世界のアバターも消える仕組みらしく、突然動かなくなった美兎ちゃんはログアウトしたわけではないっぽい

残されたのは最原君王馬の2人

王馬の勧めで最原君から先にログアウトしようとすると……

「王馬」は偽名で名前聞かれたくないのかな?

王馬百田ちゃんなんじゃなくてオレと友達になろう」「皆を救いたいなら力を貸してあげるよ」と誘ってきた

ウソ……にしては変なタイミングで誘ってきたね

最原君の力を借りて何しようとしてるんだ?

百田をバカにされたことで最原君は静かに怒り、返事をせずログアウト

しかし王馬は「諦めないよ」と不敵に笑う

 

ログアウトしたものの視界は真っ暗

 

慌てて頭に被っていた装置を外した最原君が見たものは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超高校級の発明家 入間美兎の変わり果てた姿であった

そっちか!?!?!?

 

(続く)