ぴにゃシネマ跡地

映画の感想やネタバレを綴るブログ

【今更初見ダンガンロンパ2】イマサラロンパ2【第一の事件・前】

 

*この記事は「スーパーダンガンロンパ2」のネタバレ予測感想を多分に含みます

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200820073103j:image

 

〜前回のあらすじ〜

 

期待に胸を膨らませ、念願の希望ヶ峰学園に入学した日向創

 

学園で不思議な目眩を感じ、

気が付けば自分と同じ新入生と思われる16人が集まった教室に辿り着いていた

 

訝しがるメンバーの前に

突如現れたぬいぐるみウサミ

前世の記憶からこのタイプのビジュアルに嫌な予感しかしない筆者

 

「引率者」を自称するウサミによって

南の島へとワープさせられ

入学早々修学旅行開始

 

さらに「学園の事は忘れろ」という意味深な発言

 

混乱する創くんをよそに

それなりにバカンスを楽しむメンバーであったが

姿を現したモノクマによって島の権限は掌握されてしまう

 

「皆を守る」と立ち向かうウサミ

しかしボッコボコにされてしまい

 

モノミという妹分に改造され

 

モノケモノなる巨大兵器によって

 

蜂の巣にされてしまう

 

「島から脱出したければ他のメンバーをコロすしかない」

と高笑いをするモノクマ

 

メンバーはただ絶句するのでした

 

 

第一章

絶望トロピカル

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200820084514j:image

 

〜僕らのクラスはリーダーは〜

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200820085622j:image

呆然としている日向くん

 

モノミがぶっ飛ばされた後ホテルに戻ってきたようですね

 

色々ありすぎて疲れたので

午後10時を伝えるモノクマチャイムを聞いてコテージで寝てしまいます

 

高校生が午後10時就寝のプログラム組まれてるの逆に不健康感あるな

筆者高校時代毎日3時くらいまで起きてたよ

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200820100249j:image

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200820100310j:image

唐突にメタ発言やめーや

 

翌朝

朝のアナウンスを聞いて目覚めた日向くん

皆で話し合うためにレストランに向かう

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200820100437j:image

コテージの外で出会った左右田

「橋の前にモノケモノがいて通行を制限している」

ことを教えてくれました

 

澪田が「横から通れそうだった」とか言ってたもんね

だいぶ力技で止めてきたな

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200820100736j:image

こんな感じで現在は他の島へ向かえない

恐らくなんらかの理由で人数が減ると解放される仕組みでしょう

 

左右田が逃げ出したり一悶着ありましたがレストランに全員集合

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200820101613j:image

なぜか転ぶ罪木

ありがとうございます

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200820101521j:image

「この異常な状況下で生き抜くために必要なものは何か?」を問う十神

うーん。ルールとか?

前作の「夜時間は出歩かない」みたいな

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200820102012j:image

いやそれも大事だけどね

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200820102135j:image

「皆が協力し結束し合う事」

だという狛枝くん

 

確かに16人もの能力ある男女がいるなら生き抜くだけなら何とかなりそうな気もするよね

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200820102402j:image

だからこそモノクマは「何も起こらない」ことを恐れて

こちらを疑心暗鬼にさせようとしていると考えられる

 

十神の答えは

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200820102531j:image

「明確なリーダーによる秩序ある統率」

とのことです

 

そして

「リーダーは俺がやる」

「俺がリーダーになった以上誰一人犠牲者は出さない」

という熱い言葉

どうした十神!?

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200820103620j:image

前作の十神は(自称)リーダーであれこそ

ここまでの言葉を他のメンバーにかける男ではありませんでした

やっぱ前作とは別人なのかなぁ

 

強引にリーダーとなった十神小泉ちゃんとかは反論してたけど

「こんな状況では多少強引なくらいが心強い」と他のメンバーはそこまで反発しない

 

能力があるのは間違いない男だしね

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200820103851j:image

リーダーとなった十神

「見せたい物がある」とジャバウォック公園へ移動してしまいました

 

〜カウントダウン・パーティー

公園へ到着

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200820104315j:image

何やら見慣れない物体が……

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200821065148j:image

「あと21日」

とカウントダウンを刻んでいる

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200821065903j:image

「時限爆弾ではないか?」と疑う弐大

確かに見た目は爆発しそう

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200821070019j:image

「爆弾ならさっさと爆破させるはずだ」と否定

 

あれは何なんだと皆で首を捻っていると……

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200821070155j:image

モノミが復活

生きてるんかい!!

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200821075138j:image

まぁそもそも機械に死ぬも何もないという冷静なツッコミ

スペアが沢山あるのでしょう

 

モノミが出てくるなら話は早いと

「あのカウントダウンしている物体は何なんだ」

と尋ねてみますが

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200821075305j:image

モノミにも分からないらしい

(本当に分からないのかどうかは不明)

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200821081259j:image

知らないならば用はないと追い払われるモノミ

カワイソス

 

モノミ、そしてモノクマはおそらく機械内蔵のぬいぐるみ

モノケモノや機能を考えるととても個人で所有開発できるとは思えない

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200821094706j:image

メンバーが突然移動させられた技術、観光で栄えていたはずのジャバウォック島が現在無人島であることなど

この件には巨大な組織が絡んでいると睨む十神

 

おそらく十神財閥九頭龍組ノボセリック王国レベルの力ある組織ではないかと語られました

前作でも思ったけど本来ならそれくらいの資金と設備と人員が必要だよね

個人で動かしていた「アイツ」はなんなんだ

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200821094925j:image

「なぜ私達をこんな目に遭わせるのか?」

と当然の疑問も出ますがそこはまだ不明

前世の理由が理由なので正直プレイヤーには何でも考えられます

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200821095410j:image

「協力してこの島にある手掛かりを探せ」

との指示を受けて島を探索に向かう皆

 

やっぱり今回も基本は島の探索をするみたいですね

 

〜自由時間〜

探索という名の自由時間

皆と会話するぜヒャッハー

(今回撮影ミスのため会話が2回目となるキャラクターがいます)

 

今作マップからメンバーの位置が分かるの非常に助かりますね

前回一番時間かかったの自由時間のメンバー探しだからよ……

 

終里と会話

多分2回目

1回目の会話では終里自身はあまり体操に興味が無いことを教えてもらいました(金になるからやっているらしい)

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200821100616j:image

めちゃくちゃバイオレンスな環境で育ったから金になることは色々やったとのこと

 

ノーパンでウエイトレスもやったとかやってないとか……

(終里がウエイトレスをやってる薄い本があったら教えてください)

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200821100812j:image

現在は真っ当(?)に稼いでいるらしいです

 

澪田と会話

多分澪田も2回目

今作は珍しくメンバーのコテージ内に入れました

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200821100923j:image

散らかってるやんけ!

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200821101001j:image

「あのカウントダウンは私のライブカウントダウンじゃありませんかね!?」

とかぬかしおる(まぁ冗談だろうけども)

 

〜君らはともだち〜

会話を堪能したらモノクマアナウンス

もう夜時間かと思いきや

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200821101826j:image

レクリエーションをやるから公園に来い

というお知らせでした

レクリエーション?

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200821125237j:image

公園は謎の舞台がセッティングされている

 

一体何が始まるんだとザワつくメンバー

そんな中未だに1人距離を感じる九頭龍

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822075240j:image

「オレは殺れる」という発言

 

もちろん他メンバーとしては気になるところ

「超高校級の極道」が言い出すと洒落にならないよね

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822075628j:image

だがリーダーの十神

「俺にもそういう時期があったからその考えを否定する気はない」

と余裕の構え

「そういう時期があった」っていうのはやっぱりこの十神は「体験」してるんですかね?

時系列の謎は前作を遊んだプレイヤーにしか提示されてないからなぁ

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822080950j:image

九頭龍がどんな考えであろうと

「(九頭龍含め)決して犠牲者は出さない」

と語る十神

た、頼もしい……!!

 

十神のカッコよさに痺れていると

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822081340j:image

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822081202j:image

なんかオモロい格好のモノクマ漫才を始めました

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822081259j:image

相方

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822081418j:image

突如始まるミニゲーム

……ミニゲーム

 

△ボタンで笑いを起こすミニゲーム

モノクマゴマをすりすり

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822090529j:image

おや……?

流れ変わってきたな

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822090619j:image

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822090711j:image
f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822090715j:image

モノミはメンバーの希望ヶ峰学園で過ごした数年間の記憶を奪っている

という

どこかで聞いたことのある衝撃の真実が語られます

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822090930j:image

だからメタ発言やめーや

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822091013j:image

絶句するメンバー

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822091104j:image

モノクマの言う事は聞いてはいけないというが……

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822091204j:image

「記憶を戻して欲しければコロシアイをしろ」

と要求するモノクマ

今回は最初から「記憶」を人質にしてきたな……

 

さらに

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822092929j:image

メンバーの中に「裏切り者」がいる

の情報

前作では溜めてた情報が今回一気に出てきましたね

 

言うだけ言ってモノクマはドロン

コロシアイを始めないメンバーに「動機」を与えるためのレクリエーションでした

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822093150j:image

取り乱す弐大

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822093242j:image

モノミに今の情報の真偽を問いますが……

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822093334j:image

「皆に必要なのは未来だけ」

と言葉を濁して逃げ出してしまう

うーん?

モノクマの言葉をそのまま信じてるわけじゃないけどモノミがそれを否定しないしなぁ

モノミとモノクマの操縦者は別人だと思ってるんですけどモノミ側も味方ってわけではないのかな?

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822101534j:image

自分は殺れるというメンバー、失われたという記憶、この中にいるという裏切り者、それら全て真偽は不明

 

不安になるメンバーでしたが夜のチャイムが鳴ってしまい、今日は各自頭を冷やすために解散となりました

 

〜ノット・ビー・アワー・ゲスト〜

翌朝、レストランで朝食会

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822205045j:image

だが九頭龍は欠席

辺古山ちゃん伝言係みたいになってますね

 

昨日の今日で皆の空気がやや重いなか

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822205212j:image

「今夜はパーティーをする」

と発表

 

「何もこんな時に……」みたいな雰囲気でしたが

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822205425j:image

「こんな時だからこそ親交を深め合うべきだ」

という狛枝くんの言葉に皆も割とパーティーに前向き

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822205933j:image

「今夜は全員が1つに集まっておく必要がある」

と語る十神には別の思惑がある?

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822214326j:image

だが問題は場所

なるべくモノクマが入れない閉鎖空間が好ましい

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822214422j:image

白羽の矢がたったのはレストラン隣の旧館

 

現在立ち入りが禁止されていますが、

(どこからともなくやってきた)モノミの許可が下りたので旧館でパーティーを開催することに

 

旧館でパーティーをやるにあたって

誰があらかじめ掃除をするのかという問題も

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822214621j:image

狛枝くんがあらかじめ作っていたというくじ引きで

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822214625j:image

狛枝くん自身に決まりました

うーむ

なんでくじ引きなんて作ってるんだ?

ちょっと怪しい

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822214857j:image

料理は花村が担当

コイツもちょっと早めに旧館に入るのかな?

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822214843j:image

パーティー開始は夜のアナウンス後

と決まり、今日の自由時間です

 

〜自由時間〜

十神と会話

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822220344j:image

なんかスーパーで買ったジャーキーあげたら

めっちゃ驚かれた

コイツは俺が考えてるより大した男じゃないのかもしれない

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822220527j:image

体脂肪率を聞かれたりした

今回の十神、フレンドリーというか会話しやすくて普通に頼もしい良い男ですね

 

ソニアと会話

へへっ……分かってるぜ

お前が黒幕なんだろう?

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822220705j:image

今夜のパーティーに備えてダンスの練習

なんでや

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822220758j:image

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822220856j:image

ノヴォセリック王国の秘密をちょっと聞いた

 

ソニアは日本の古いドラマが好きなようです

 

〜Be Prepared for party〜

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822223323j:image

夜のアナウンスを聞いて旧館へ移動

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822223435j:image
f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822223438j:image

入るなりいきなり十神によるボディーチェック

 

危険物を持っていないことを確認されました

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822223548j:image

仮に危険物があればジュラルミンケースで預かる徹底ぶり

 

ジュラルミンケースは2つ

1つは危険物預かり用

もう1つの中身は教えてくれませんでした

 

パーティー会場となる大広間

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822224437j:image

結構頑張って掃除したらしい

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822224530j:image

けど旧館自体が古いので床がボロボロf:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822224700j:image

更に全ての窓は鉄板で塞がれているという密室仕様

誰得やねん

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822225303j:image

全員参加を狙っていましたが

九頭龍は顔を見せず

 

仕方がないとパーティーを開始しようとしますが

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822225347j:image

そこで十神見つけたものとは……!!

 

 

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822225600j:image

めっちゃ食うやん

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822225514j:image

鉄串も危険物なので回収したいらしい

回収……?

回収目的かなぁ……?

 

「他にも危険物が無いかを調べに行く」

ということで厨房

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822230348j:image

結構立派ですね

ギャートルズでしか見たことが無い肉がある

 

包丁やナイフ、フォークなどを片っ端からケースにしまう十神

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822230515j:image

備品リストと数が合わない物がある

 

なぜここまで徹底するのかを尋ねる日向くん

その理由をポツポツと語ってくれました

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822230900j:image
f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822230903j:image

「人に語れない疑い疑われた生き地獄のような過去がある」こと

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200822230959j:image

「今は多くを語る気はないがいずれ皆にもそれを話すだろう」こと

を話してくれました

やっぱり十神は前作から生き残った「あの十神」なのかな?

でもモノクマとは初対面みたいなリアクションなんですよね

今作は十神が物語のキーマンになりそうですね

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823001227j:image

厨房の様子を見にきて驚く花村

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823001315j:image

リストと数が合わないのは鉄串1本

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823001408j:image

花村が来たときには既に1本足りなかったらしい

「旧館自体が古いから仕方ないのではないか」

となりました

 

とりあえず厨房の危険物も回収を終えたので

本格的にパーティー開始のため大広間

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823001549j:image

ただ危険物を入れたジュラルミンケースの保管の問題が残る

 

鍵は十神が持っているが出来るなら安全な場所に置いておきたいところ

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823003613j:image

辺古山が見張りを申し出るf:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823003552j:image

倉庫は掃除が出来ていないので

事務室での見張りを辺古山に任せることとなりました

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823003753j:image

事務室にはブレーカーもあるのでソレの見張りも兼ねてもらいます

なんかすげぇ急に辺古山に死亡フラグが立ったな!?

様子を見に行ったら死んでるパターンやん!!

 

残る問題はモノクマ

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823010357j:image

邪魔をされたくないのでモノクマはパーティー会場に入らないようにしたいf:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823010355j:image

それは七海ちゃんが自ら引き受けました

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823010647j:image

モノミと協力してモノクマを立ち入れないようにするため玄関前で見張りをやることに

もしや一晩中やるの?

大変じゃない?

 

ここまでやって

ようやくパーティー開始です

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823010824j:image
f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823011048j:image

なんだかんだ皆楽しみにしてた様子

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823011128j:image

和やかに進むパーティー

泣きながら飯を食う終里

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823011220j:image

だが弐大は苦しい顔……

一体何が……?

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823011514j:image

ウンコだった

はよトイレ行けや

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823011629j:image

さっきからトイレが空かないらしい

これ九頭龍は既にトイレで死んでるんじゃないか?

いまだに顔を見せないの怪しいよね

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823012657j:image

さらに田中のイヤリングが消失

 

皆がバタバタし始めると

 

突然 停電に

 

真っ暗闇の中声を掛け合うメンバー

左右田がブレーカーのある事務室まで向かう

というより事務室には辺古山がいるはずでは?

辺古山死んだ?

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823012950j:image

しばらくして電気がつくf:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823012953j:image

そこには

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823013107j:image

変わり果てた罪木蜜柑の姿がありました

 

 

 

 

 

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823013151j:image

ありがとうございます

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823013743j:image

帰ってきた左右田

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823013746j:image

しかし暗すぎて事務室にはたどり着けず、明るくなったから戻ってきたとのこと

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823013953j:image

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823014011j:image

気がつけば十神がいない

あれー?

姿を見せないキャラが続々と

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823014313j:image
f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823014317j:image

手分けして十神を探します

あと辺古山ちゃんも探さないとね

 

狛枝→倉庫

日向→入口

左右田→事務室

ソニア→廊下

弐大→トイレ

終里→広間で待機(メシ食ってる)

花村→元々厨房

 

日向くんが担当する入口に向かうと

七海ちゃんモノミが並んで見張り中f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823014713j:image

「誰も外には出ていない」という証言

ということは十神も辺古山もまだ中ってことですね

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823015002j:image

トイレは未だに開かない

しかも「パーティー開始前から誰かが入っている」と言う弐大

やっぱ九頭龍がこの中に死んでるんじゃないかなぁ

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823015447j:image

廊下にもいない

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823015532j:image
f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823015525j:image
f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823015529j:image

倉庫厨房事務室にもおらず

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823015645j:image

事務室には辺古山もいない

ドイツもコイツもかなり怪しい感じがしてきました

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823015743j:image

食事の匂いに紛れて気付かなかったが

血の匂いがするという終里

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823020015j:image

血の匂いは大広間の奥テーブルからf:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823020018j:image

テーブルクロスを引き剥がすと

 

 

 

 

 

 

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200823020117j:image

十神白夜の変わり果てた姿がそこにありました

 

十神ぃーーーーー!!??

 

(1話 後半へ続く)