ぴにゃシネマ跡地

映画の感想やネタバレを綴るブログ

ルパンTVスペシャルシリーズ

 

はじめまして

実はこのブログ、映画の感想ブログだったんですよ

去年もこんな事言った気がする

 

今年はルパンシリーズにハマっていまして、テレビシリーズのpart1〜3と30本ほどのテレビスペシャル、劇場版を見てきました

 

人気のシリーズだけあって どれも面白かったのですがやっぱり「特にコレは面白い」のと「いやコレはあんまり……」みたいなのがあるんですよね

 

せっかくなので個人的にランク付けをして、そのいくつかを紹介したいと思います

(あくまで個人の感想だよ)

 

ランクA(特に面白かったもの)

バイバイリバティー・危機一髪!

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20211226170358j:image

情報社会の発達で世界の警察にデータが行き渡ってしまい、泥棒家業から足を洗おうとするルパン

旧友が自由の女神に隠したダイヤと自らのデータ抹消を狙って秘密結社と戦う

ルパンが珍しく不二子以外の女に騙されるのが見どころ

ヒロインの秘密や敵のスケールの大きさが好み

 

炎の記憶〜TOKYO CRISIS〜

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20211226171559j:image

今回のお宝は徳川埋蔵金

手がかりとなる2枚のガラス乾板を所有する実業家マイケル・スズキを狙うのだが、彼にはある秘密が……

とっつぁん主役回

ヒロインに良い感じの銭形というかなり珍しいシーンが観られます

敵の設定も一捻りがあって唸ってしまった

ちょっと事情があって実力を出せない次元と五右衛門が暴れ出す後半に爽快感がある

 

血の刻印 〜永遠のMermaid〜

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20211226222734j:image

不二子が捕まり「人魚の鱗」という宝玉を手に入れるよう指示されたルパン

宝玉が示す八尾比丘尼の財宝を求めるなか「泥棒を教えて欲しい」と少女に付き纏われてしまう

個人的なイチオシ

ちょっと絵柄がジブリチック

ゲストヒロインが可愛く、悪役が非情(cv石田彰)

お宝も特別感があり、ラストに超展開が待っているという「スペシャル」を感じさせる作品でした

 

GREEN vs RED

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20211226232712j:image

今日も世界中で活動する様々な「ルパン3世」

果ては万引きで捕まるルパンまで現れる始末

東京に集結した沢山のルパンであるが「それらは全て偽物」だと銭形は大量検挙

そんな中捕まらなかったルパンがいた

果たして彼は「本物」なのか?

非常に解釈が難しい作品

「ルパンとは何か?」を視聴者に問いかける作品であり、いつもの冒険活劇としてのルパンを期待してると面食らいます

散りばめられた伏線や小ネタが多く、2回3回と観ることでより面白くなっていくのを感じました

単純にオススメはしづらいのですが、挑戦的な表現とテーマだなと個人的に物凄く面白かったです

 

「DEAD OR ALIVE」「ワルサーP38」などもAランク

コレらもオススメ

 

ランクB(普通。無難な面白さ)

お宝返却大作戦!!

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20211227020415j:image

旧友の泥棒仲間が亡くなり、彼が生前に盗んだ「トリックダイヤ」を探しにやってきたルパン

しかし彼は「自分が盗んだお宝を期限内に返してくれたらトリックダイヤを譲る」という遺言ビデオを残していた

かくしてダイヤのため旧友のためヨーロッパ中にお宝を返却する事となるのだった

正直タイトルからはあまり期待してなかったのですが()割と真っ当に面白かった作品

終盤の戦いの盛り上がりと敵役が意外な魅力を見せてくれたのが良かったですね

ただ「お宝返却」部分が結構雑だったかな……

 

くたばれ!ノストラダムス

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20211227021743j:image

150万$のダイヤを盗み出したルパン

しかし飛行機内でダイヤを隠した人形を少女に取られてしまい、更にはハイジャックにまで遭遇

実はこの少女の父親はとある大富豪であり、所有する「失われし予言書」には莫大な価値があるのだという

更に世間を騒がせているノストラダムス教団の陰謀も絡みだし……

山田康雄氏が急逝してしまい、現在の栗田貫一氏がアテレコする事となってしまった作品

中盤にある不二子への愛が伝わる場面も良いが、個人的には終盤のとんでも作画からの迫力あるラストが好きです

ランクB+くらいはあるかもしれない

 

ハリマオの財宝を追え!!

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20211227023824j:image

第二次世界大戦中にハリマオが蓄えた財宝

その在処を示す3つの像の1つを盗み出したルパン

しかし残りの像の居場所を知るのはイギリス貴族のアーチャー卿のみであった

何者かの手による事故で多額の保険金の支払いを迫られていたアーチャー卿もハリマオの財宝を求め、ルパンと手を組むことに

しかし財宝を狙って謎の組織の影が……

ヒロインが可愛い(趣味)

お手本のような「冒険活劇」だと思う作品

お宝を求めて冒険、迫りくる謎の組織……どっかインディージョーンズを感じるぜ

逆に目新しい部分は少ないんだけどね

最後のアーチャー卿の選択がいい

 

ロシアより愛をこめて」「ヘミングウェイ・ペーパーの謎」「隠されし空中都市」などもBランク

 

ランクC(あんまり……)

霧のエリューシヴ

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20211227134948j:image

北海道の海底にて「白きたまゆら」と呼ばれる宝をサルベージしていたルパン一味

それはかつてこの地域を支配していた部族に伝承と共に伝わる宝であった

しかし突如現れた魔毛狂介という未来からやってきた男によって500年前にタイムスリップさせられてしまう

果たしてルパン達は宝を手に入れ、現代に戻ることは出来るのだろうか

アニメ1stシーズンに登場した魔毛狂介の話のリメイク(?)

ガチのタイムマシンを操る男、ということでかなりインパクトのある登場人物でした

しかし今作はタイムスリップ要素を活かせてるかというと微妙な感じ

また不二子がほとんど登場せず、盗みの要素も薄いのでいつものルパンの面白さが出し切れてないかな……

 

生きていた魔術師

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20211228022736j:image

今回の狙いは7本あるといわれる「天球の水晶」

そのうちの1本をフランスの大富豪から見事盗み出したルパン

しかし水晶を狙い、ルパンへの復讐をも果たそうと以前倒したはずの「魔術師」パイカルが姿を現すのだった

これもアニメ1stシーズンに登場したキャラクターを利用した話。これはリメイクというより続編ですね

 

アニメ本編でのパイカルは空を歩き、銃弾を弾き、指先から炎を出すまさに「魔術師」としてルパンを追い詰める敵役。しかしルパンが知恵を使い、トリックを暴くことで倒されてしまいました

ただこの作品だと本当に理由なく「超人」なんですよ

本編で倒したキャラが突然理由なく空飛んだりサイコキネシスを飛ばす超人になって帰ってきたら冷めるやろがい

 

あとこの作品、非常に表現というかテンポが独特

かなり肌に合う合わないが出ます

見づらいわけではないんだけど……

 

個人的には一番オススメしない作品です

 

 

結び

個人的にはこんな感じ

偉そうに語ってしまったけどほとんど面白いからどれを取ってもハズレは少ないよ

実はまだ観れていない作品もあるので来年こそは全制覇したいですね

 

皆もルパンを観てくれ!

 

ではでは今回はこの辺で

来年もよろしくお願いします

(終)