ぴにゃシネマ跡地

映画の感想やネタバレを綴るブログ

ボツデッキ案 【サイレントオノマトペ】

 

あけましておめでとうございます(激遅)

 

今年もポツポツと好き勝手に色々書いていきたいと思います

 

今回は去年終わりに組んではみたものの、

すぐ崩してしまったデッキを備忘録代わりに記事にしたいと思います

 

いつか使うかもしれないしね

 

では早速

内容はコチラ

(2018.10/1〜のリミットレギュレーション)

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20190123171223j:image

【サイレントオノマトペ 43枚

 

〈モンスター〉

悪王アフリマ

アストログラフ・マジシャン

闇黒の魔王 ディアボロ

ガガガシスター

ガガガヘッド

ガガガマジシャン

クロノグラフ・マジシャン

サイレント・マジシャン Lv8

増殖するG

沈黙の魔術師 サイレント・マジシャン

ドドドウォリアー

ドドドバスター

幽鬼うさぎ

 

〈魔法〉

闇黒世界 シャドウ・ディストピア

オノマト連携

愚かな埋葬

ガガガリベンジ

サイレント・バーニング

ハーピィの羽根箒

 

〈罠〉

迷い風

 

エクストラは色々調整していました

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20190123172840j:image

今回使いたかったのはコレ

〈ガガガヘッド〉

星6/闇属性/魔法使い族/攻2100/守2000

(1):相手フィールドにのみモンスターが存在する場合、
このカードはリリースなしでレベル4モンスターとして召喚できる。
(2):このカードが召喚に成功した時、
「ガガガヘッド」以外の自分の墓地の「ガガガ」モンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
このターン自分は「ガガガ」モンスターのみを素材としたX召喚以外の特殊召喚ができない。
(3):フィールドのこのカードを素材としてX召喚したモンスターは以下の効果を得る。
●このX召喚に成功した場合に発動する。
自分はデッキから1枚ドローする。

 

召喚するだけで2体蘇生、エクシーズ素材になると1ドロー

さらに蘇生制限もなく、悪王アフリマのサーチにも対応しています

これだけ聞くと強そうに見えますね

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20190123180657j:image

〈やりたかった動き〉

まずドドドクロノグラフなどの動きを利用してベアトリーチェを立て、

ディアボロガガガマジシャンサイレントバーニングを墓地に送ります

 

その後

 

ガガガリベンジでガガガを蘇生

ガガガをリリースしてガガガヘッドアドバンス召喚

→闇属性がリリースされたので闇黒の魔王ディアボロが復活(ガガガヘッドの召喚制限は効果適用後からなのでこのタイミングなら蘇生できる)

ガガガヘッドガガガシスターガガガマジシャンを蘇生 

ガガガマジシャンのレベルを6にしてガガガヘッドとオーバーレイ。ヘッド効果で1ドロー

トレミスM7を立てる

トレミス効果でヘッドを抜いてガガガヘッドを回収

 

これで手札にガガガヘッドを残したまま手札枚数を変えずに

トレミスM7闇黒の魔王ディアボロが並びディアボロ効果のためのシスターが場に残ります

(シャドウ・ディストピアがあれば相手モンスターをコストにもできる)

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20190123175818j:image

サイレントマジシャンは序盤の戦線維持目的

 

序盤のガガガシスターをリリースすることで

魔法の抑制と魔王のトリガーを引けます

 

理想の初動は

サイレント・バーニングをコストにオノマト連携発動

ガガガシスタードドドバスターをサーチ

ガガガシスター召喚。ガガガリベンジをサーチ

サイレントバーニングを除外して沈黙の魔術師サイレントマジシャンをサーチ

ガガガシスターをリリースして特殊召喚

(→闇属性がリリースされたので手札から闇黒の魔王ディアボロが降臨)

 

手札枚数がそれなりに期待でき、

破壊されてもサイレントマジシャンLv8を呼べるのでガガガマジシャンディアボロランク8を組んだり

クロノグラフアストログラフをリリースしても出せます

 

以下採用理由

 

悪王アフリマ

ガガガヘッド闇黒の魔王ディアボロアストログラフのサーチが可能で、自身も魔王のトリガーとなります

シャドウ・ディストピア下では相手をコストリリースが可能

 

アストログラフ・マジシャン

特殊召喚できる闇属性魔法使いで、魔王サイレントマジシャンどちらのトリガーにもなれる

メインデッキで戦うテーマだったので、サイレントマジシャンの後続や戦闘破壊されたガガガシスターも引っ張ってこれて相性が良かった

 

闇黒の魔王ディアボロ

ガガガをリリース→ガガガヘッド

という動きから考え始めたデッキだったので闇属性をリリースする動きに噛み合っていた

強い

 

ガガガモンスター達

オノマト連携でサーチが効くのが利点

 

ガガガシスター。通常召喚限定だがアドが稼げる数少ないガガガ。イラストが可愛い

 

ガガガマジシャン。実はそんなに引きたくないが、意外と役に立つ。単体だと悲しい。ガガガガールが彼女なのはダンジネス許せない

 

ガガガヘッド。実は妥協召喚もできる。オトモも釣れる。引きすぎると重いので2枚

 

クロノグラフ・マジシャン

ガガガシスターガガガヘッドに通常召喚権を割きがちなので、手札に溜まったアフリマ闇黒の魔王ディアボロを吐き出せる用

サーチしたドドドと出すことでランク6も組める

制限カードになってしまった。無念

 

沈黙の魔術師 サイレントマジシャン

ガガガをリリースするためのカード

サーチが可能で後続も呼べるため無難に強い

イラストが好き

 

サイレントマジシャンLv8

後続。素引きが怖いのでピン差し

 

ドドドバスター

オノマト連携でサーチが効き、特殊召喚も可能

ディストピア下でドドドバスターをリリースしてドドドバスターを出したりすると意外と戦える

 

ドドドウォリアー

妥協召喚可能で墓地発動を止められるのは地味に強い

しかし通常召喚権を割くかと言われると怪しく、人生ままならないものである

 

増殖するG

誘発枠。大量展開に弱いので脅しの面が大きい

サイレントマジシャンの攻撃力増加も狙う

 

幽鬼うさぎ

誘発枠その2

とにかく盤面突破力が弱かったので盤面を完成させないようにするために採用

本当はヴェーラーの方がいざという時サイレントマジシャンの素材になれたのだが

リンク素材を残すのは危険と判断してうさぎにしました

 

闇黒世界 シャドウ・ディストピア

悪王アフリマディアボロなどの採用に合わせて入れたカード

コストリリースという除去が撃てるようになるのは心強いが被ると少し困った

 

オノマト連携

ガガガをサーチする

コストとしてディアボロスやサイレントバーニングを使えると無駄がない

 

愚かなMy Soul

墓地肥やし。素早くディアボロガガガマジシャンを置いて準備に使う

 

ガガガリベンジ

ガガガシスターでサーチしてガガガヘッドのリリース準備をする

エクシーズのバンプも地味に優秀

 

サイレント・バーニング

もっぱらサーチ用

手札増強も撃たないわけではないが、オノマト連携で捨てる方が強い

 

ハーピィの羽根箒

説明不要枠

サイレントマジシャン用に手札枚数を温存したかったのでツインツイスターではなく羽根箒になりました

 

迷い風

妨害枠

致命的なモンスター効果を(ターン跨ぐけど)

複数回止められるのは優秀

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20190123190715j:image

崩した理由

 

①盤面を返す力が弱い

現環境で相手の布陣に妨害が無いことはまずなく、クリスタルウイングやアビスなどのモンスター効果妨害が割と致命的

更にメジャーな罠であるブレスルや迷い風なども辛く、

大量展開するデッキではないので相手の盤面に触れず返しにやられてしまう事が多かったです

 

②やってる事が単調

ガガガを利用してランク6〜9あたりまでは割と立てやすかったのですが、基本はトレミスとヘッドのループです

コンボが決まれば魔王、サイレントマジシャン、トレミスの布陣を敷き続けることになるため長続きしませんでした

 

個人的には結構上手くいったと思ってたけど

回したらそうでもない

という悲しい結果に

 

是非もないね!

また新しいデッキがでっきたら紹介します!

またね!