ぴにゃシネマ跡地

映画の感想やネタバレを綴るブログ

【今更初見ダンガンロンパ】イマサラロンパ【5話・後】

*この記事は「ダンガンロンパ」のネタバレ感想予測を多分に含みます

 

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200320182402j:image

 

〜前回のあらすじ〜

植物園で死んでいた謎の人物

 

何者かを調べようとするも突然爆発

 

詳しく調べることが出来なくなってしまったが

落ちていた鍵を使って情報処理室に侵入に成功する

 

そこは黒幕の部屋でもあり、ここで学園全てを監視している場所であった

 

外部の情報を得るためにテレビを接続するが写るのは自分たち

 

突如復活したモノクマから

この学園生活は全世界に向けて放送されている

ことを知らされる

 

世界の電波を乗っとる(?)ことが出来る黒幕たちの力に驚きつつ、

裁判開始の宣言を受け5度目の事件調査を始めるメンバー

 

霧切さんから渡された手紙の存在を思い出し、

彼女から戦刃むくろに関する書類を託された

 

戦刃むくろこそ「16人目の生徒」であることをモノクマからも知らされた誠くん達は

学園裁判の場に向かうのだった

 

〜彼女は遅れて〜

毎度毎度のエレベーター

しかししばらく待っても動く気配がありません

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200325153848j:image

不思議に思うメンバーに現れたモノクマの一言

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200325154132j:image

「オマエラがボクを待たせてる」

つまりメンバーが揃っていない?

 

「揃わないならそろそろ校則違反って事でいいよね」

と言い出すモノクマ(とメンバー)の前に現れたのは……

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200325154330j:image

霧切さん!

やっぱり生きていた

 

驚くメンバー達でしたが

今は裁判が先だと解放されたエレベーターに乗り込みます

 

ただ誠くんとしては何があったか聞いておきたいところ

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200325155502j:image

今まで霧切さん

寄宿舎の2階にいたという

 

2階には監視カメラもモニターも無かったらしく

つい先程のアナウンスで事件の存在に気付いて現場を調べてきたので遅れたのだそうです

ということは寄宿舎の2階なら黒幕の目が届かないのかな?

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200325160416j:image

前回見つけた鍵は「学園全てを解錠出来る」とんでもアイテム

ドラクエでいう「さいごのカギ」ですな

 

文字通り学園脱出の鍵になりそうですね

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200325160840j:image

「この事件は私にとっての正念場」

だという霧切さん

 

果たしてそれはどのような意味なのか

 

〜彼らは話して〜

始まった学園裁判

 

まず霧切さんが現れたことで有耶無耶になった

「被害者は誰なのか」

を話し合います

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200326165259j:image

まぁゆうて

もう残ってるの1人しかいないんですけどね……

 

葉隠が幽霊だなんだとうるさいからよ……

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200326170806j:image

死体の手の甲にあったタトゥーや

その特徴から被害者は「フェンリル」の関係者

 

つまりは戦刃むくろであると決まりました

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200326170959j:image

正解らしい

 

むくろちゃんは1回もキチンと顔を合わせることなく消えちゃいましたね

でもなんで彼女は突然襲ってきたんだ?

脱出のためにしろ、一旦裁判開いて皆で集まるんだから奇襲はあんまり意味ないような

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200326180053j:image
f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200326180050j:image

「学級裁判は生徒間で殺人が起きた場合開かれる」

「生徒は16人だけ」

ということも再びはっきりさせる

 

学園長やモノクマが事件を起こしたりした場合は裁判アナウンスは無いし

新たにメンバー追加も無いってことね

 

しかしそうなると

現段階で生徒間の容疑者は2人に絞られます

 

即ち

夜時間以降姿を見せていない誠くん

昨日から姿を見せていなかった霧切さん

まさかまさかの主役級2人が容疑者

プレイヤーは誠くん目線だからアレだけど他のメンバーからしたらこの2人だよね

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327021104j:image

他4人はトイレにも2人で付き添っていたのでアリバイバッチリ

 

このまま犯人にされるわけにはいかない誠くん

 

スプリンクラーを利用して犯行時刻を絞り、

自分が犯人でないことを説明します

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327022459j:image

(爆発して水をかけるまで)死体が濡れていなかったのなら犯行時刻は朝7時30分以降

 

その時間は誠くんは皆と合流していたので

犯行する時間はありません

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327022733j:image

ただこれではアリバイが無いのは霧切さんだけ

 

別に彼女を犯人にしたいわけではないんですよね

犯人かどうかもまだ分かってないんですけど

 

さー、どうやって霧切さんのアリバイを証明しようかなと考えていたら

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327022932j:image

苗木君のアリバイは不十分」

とカウンターをもらいました

 

霧切さん!?

 

〜彼女は暴いて〜

死体が濡れていなかったことはアリバイにはならないという霧切さん

突然の裏切り(?)行為に動揺が止まらないプレイヤー

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327025743j:image

植物園倉庫にあったビニールシートをあらかじめ被せておけばスプリンクラーで濡れずに済んだ

 

そしてビニールシートが片面だけ汚れているのがその証拠

だと言う

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327134957j:image

しかし死体の血は乾いていなかった

 

ビニールシートがかけられていたならもう片面も血で濡れているはず……?

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327135253j:image

血の問題は

現場から1匹消えたニワトリのものを利用したと説明

 

確かに

昨晩から死体にビニールシートをかけておけば

翌朝スプリンクラーをやり過ごした後にシートを剥ぎ

用意していた血液を振り撒くだけで現場は完成します

 

これだけなら食堂で朝日奈ちゃんと挨拶して

体育館で合流するまでの数分でも可能でしょう

 

ただ1階から5階まで数分で往復するの現実的じゃないと思うなぁ

息上がっちゃう

葉隠が保健室の輸血用血液の存在を覚えていてビックリしたよ

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327135612j:image

メンバーも「確かに…」みたいな雰囲気

 

さらに腹部に刺さっていたナイフが

昨日誠くんに預けたサバイバルナイフ

ということもあって誠くん大ピンチ

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327141946j:image

ここで

「死体の刺し傷は一つ」

「被害者は倒れた上に白衣をかけられて刺されている」

ことから

 

そもそも致命傷はナイフによるものではない

と説明します

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327144911j:image

致命傷は後頭部の打撲痕

 

そして凶器はジュラルミンの矢

矢をガムテープで束ねて殴ることで殺害しています

 

血のついたガムテープがその証拠

筆者は全然ここ分からなかったです

 

ここまでの証拠から

 

アリバイが無く

凶器と思われる矢が隠されたロッカーの鍵を部屋に隠し

「超高校級の絶望」黒幕を恨んでいたであろう人物

 

霧切さんがめちゃくちゃ怪しくなってきました

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327151034j:image

というよりこの状況では

霧切さん以外容疑者がいない

という方が正しいですね

うーん?

霧切さんじゃないと思うんだけど強く否定する材料がない。困った

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327151612j:image

霧切さん

クロは私ではないと、十神くんが一番分かっている」

という

 

ここで皆が

霧切の部屋の鍵は十神が預かっていた」

ことを思い出しました

 

霧切さんは部屋に戻れなかったので、

ロッカーの鍵を自分の部屋に戻すことは出来ない」

となるのですが……

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327153336j:image

つい先ほど

「全ての部屋に出入り出来た」

ということを

霧切さん本人から誠くんだけは聞いています

 

つまり霧切さんはウソを吐いている

そしてそれを指摘できるのは誠くんだけ

 

これは追求すべきなのか?

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327153539j:image

まさかの3択である

 

〜彼は正義を選んで〜

パニックに陥ったプレイヤー

 

今回は

「ウソを追求する」

を選んでみましょう

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327154927j:image

「全てのドアを開く鍵を持っている」ことを追求すると

 

「私の負けね」

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327161105j:image

犯行を認めるわけではなく

自分の負けを認めた霧切さん

 

「私は黒幕に負けた」と言うので

そのあたりを聞いてみたいのですが

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327161355j:image

突然のタイムアップ

今まで1回も時間切れになってないのに!?

 

半ば無理やり投票タイムが始まり

 

霧切さんクロになってしまいました

 

え!?

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327161721j:image

そして

マジで始まるオシオキムービー

 

え!?

 

霧切さんが処刑されてしまいました

 

え!?

 

 

 

そして

コレが最後の事件となり、

この後皆は学園内で平和に暮らしたのでした

 

めでたしめでたし

 

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327161941j:image

え!?え!?!?

成長した人妻朝日奈ちゃんが可愛すぎる

 

 

 

 

〜彼は彼女を選んで〜

という夢だったのさ

正直めちゃくちゃ焦った。死ぬほどビビった

それはそれとして成長した朝日奈ちゃんが可愛すぎた

 

意識を取り戻した誠くん

 

霧切さんを信じて

「ウソを追求しない」

を選択します

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327162240j:image

霧切さんが部屋に鍵を戻せない事から一旦容疑者がゼロに戻る……

 

と思いきや

 

「こうなると苗木が部屋に入った際に十神の目を盗んで鍵を置いたとしか考えられない」

となります

 

おいおいおいおい

雰囲気やばくなってきたぞ

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327163114j:image

そして今回も(?)タイムアップ

 

なんか今回いつもよりモノクマが胡散臭いというか焦ってる感じしますね

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327164810j:image

こっちも焦る霧切さん誠くん

 

しかしまたも投票タイムが始まり

 

ついに

誠くんクロになってしまいました

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327164924j:image

大・正・解!じゃない!!!

 

今までは一応ルールが守られていたのにモノクマの独断でクロが決まるなら何でもありじゃん!!

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327165526j:image

容赦なく始まるオシオキムービー

 

このままでは霧切さんの時のように……

 

そしてあわやという時、

機械を止めるアルターエゴの姿が!!

アルターエゴいいやつ(´;ω;`)

 

しかしペッシャンコに潰されずには済みましたがそのまま誠くん奈落の底

生きてるのか?

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327165717j:image

怒るモノクマ

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327170504j:image

モノクマの強引な展開に危機を感じるメンバーでしたが

「むしろ追い詰められているのは黒幕の方」

だと断言

 

こうして

今回の裁判は幕を閉じたのでした

 

事件解決してないじゃん!!!

 

〜彼らは落ちて〜

落下したものの一命を取り留めた誠くん

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327173111j:image

今となっては懐かしい夢を見て目を覚ますと

そこはゴミ捨て場

第一の事件で使われたゴミ処理場の地下なのかな?

 

色々ごちゃごちゃしてるうえ

扉も開かず食料も水も無いかなり危ない状況ですが

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327173338j:image

オシオキの危機的状況を救ってくれたアルターエゴに応えるため、何としても生き抜くことを決意

 

皆が助けてくれることを期待して体力温存のためひたすら眠ります

 

そして翌日

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327174753j:image

霧切さんが落ちてきました

(頭にカップラーメンつけて)

 

食料と水を貰ってとりあえず誠くん復活

 

ぼちぼちと裁判前に聞けなかったことを聞いていきましょう

 

〜そして彼らは這い上がる〜

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327175038j:image

やっぱり霧切さん誠くんが黙っていたことに気づいていた

 

しかし「どうしても生き延びなくてはならない」霧切さん

 

その理由は希望ヶ峰学園、そして学園長にあるという

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327180551j:image
f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327180548j:image

なんと学園長は霧切さんのお父さん

 

マ!?

 

学園長絡みで色々反応してたのはそのせいだったのか

 

黒幕学園長(父)は別人であるらしい

 

そして今まで失っていた記憶も何となく取り戻すことに成功したそうです

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327180850j:image

学園に来て最初に皆は気を失いました

 

それ自体が黒幕の仕業で、

霧切さんの超高校級能力を恐れていた黒幕が記憶を奪ったという

 

黒幕が恐れた霧切さんの能力とは

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327181103j:image

「超高校級の探偵」

スパイじゃなかった……

 

ついに明かされた霧切さんの能力

死体に慣れてるっていうのは探偵として活躍してたからなのね

 

学園長室に忍び込んだ際、

学園の見取り図も手に入れていた霧切さんは寄宿舎2階にある職員の個室を探索していた

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327181546j:image

その探索の結果

「今私達に起きているのは想像している以上に大変なこと」

が分かったそうです

でも何があるかは教えてくれない

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327182247j:image

コレらの情報を手に入れた霧切さんですが

希望ヶ峰学園の事を調べるのは自由」

という校則があるためモノクマ手を出せず、

学級裁判を利用して霧切さんを殺しにかかりました

バッドエンドルートが本来モノクマが企んだ結末なのか

 

モノクマは裁判結果を無理矢理変えられるわりには校則には従わないといけない?

何でや

 

コレらの情報を得たことで

徐々に黒幕「超高校級の絶望」は追い詰められている

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327182821j:image

実は超高校級の絶望とは個人を指す名称ではなく

「ある事件」を起こした連中を指す言葉

 

そういう意味で戦刃むくろ「超高校級の絶望」だったのかな

f:id:i_am_perfect_imperfect130:20200327183008j:image

またも絡んでくる

「人類史上最大最悪の絶望的事件」

 

果たしてそれは何なのか?

誠くん霧切さんは助かるのか?

もう1人の超高校級の絶望とは誰なのか?

人妻朝日奈ちゃんの公式供給はまだあるのか!?

 

多くの謎を残してこのエピソードは幕を引きましま

 

多分!

次のエピソードがラストエピソード!!

うおー!

面白くなってきた!

 

頑張ります!!

 

 

(続く)